メールが飽きられないように

merumeruメールのやりとりが出来る間柄になっても、途中でメールが飽きられてしまったら本末転倒。とはいっても相手の表情の解らない中でのメールでのやりとりは最初から巧くはゆきません。
そこで今回は、相手を飽きさせずにメル友達と懇意な関係を気付けるテクニックを紹介していきたいと思います。これを参考にメール偽y術をクラスアップしてみてください。
まずは『飽きられない方法』について。
一番に上げられるのは一つのネタだけにこだわってしまわないこと。大概、人はお互いのプロフィールでひととなりを掴んだらお互いの共通点から連絡をしてみようと思い立ちます。しかし共通の話題が効果であるのはあくまで最初のつかみの段階までです。そこから更にもうワンステップ上をゆくには、何かもう+α(プラスアルファ)を考えたり或いは新しい話題にうまく映っていくのがポイントです。
そうすることによって相手も気負いなく「この人ともっと話をしてみたい!」「この人の話ていると愉しい!」と抱いてくれるようになります。そうして回を重ねていくことで気持ちが近づいてゆくのです。
もちろんこのことはメル友に限ったことではありません。例によって普通に学校や会社などで友人関係を築く時もあまりかわりはないと思いませんか?メル友は表情のわからない、相手が見えない、そういったイメージが選考してしまって難しく考えてしまいがちというところもあります。でも本当のところは実生活でもネット上でもtも立ちの作り方に大きな違いはありません。
相手への伝えたい気持ちをすべて文章で綴らなければならない難しさも当然あります。ですが仲良く相手のことを考えながら、徐々にコミニュケーションをとれるように努めてみることが何よりです。
ちなみに、1つの話題を何通りにもバライティ豊かに広げる方法というのは、共通の話題からでも大丈夫です。最近強い関心のあることなどからでもOK。
感覚としては「いつの間にかいろんな話題を話してた・・・」なんて没頭してしまうくらいが理想です。